blog

2017年6月15日(木) ポプリ
崩れたバラの花びらとユーカリの葉はポプリに


フレンズからいただいたブーケ、
スワッグに作り変えるときに
崩れたバラの花びらやユーカリの葉も
そのままドライにして、
ポプリ用の硝子の器に入れました。

茶色く変色した花びらや
薄いピンクの色が綺麗に残った花びらの中に、
ユーカリのグレイッシュなグリーンが
ポイントになって、いい感じ。


ポプリの仕上げとしては
ここにポプリ用の香料を垂らすようですが、
人工的な合成香料は好きでないのと
もともとユーカリのよい香りがしているので、
ほんの少し、天然成分で作られてバラの香水を
ふりかけました。


ちなみに・・

ポプリの語源は
フランス語の「ごった煮料理」を意味した
pot pourri(直訳/腐った鍋)で、
多様な材料を混ぜて
つぼに入れて作ったことに
由来するそうです。


種類は主に2種類あり、

・ドライポプリ/英国風
すべての材料を乾燥させて作る。

・モイストポプリ/フランス風
生乾きの材料に塩(または粗塩)を加え、
保存処理をして作る。
古代エジプト時代から
作られていたという説もある。


私が作ったポプリは
といっても乾燥させただけですが・・
英国風ということになりますね。


心のこもった生花のプレゼント、
花が萎れた後、形はなくても
思い出として記憶の中に残すのもよし。

ただ、今回は
温かな気持ちを形に残したくて
スワッグとポプリにしてみました。


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish