1 1 1 1 1
暮らしの花をセンスアップ

〜ハミングしながらお花を飾ろう〜

花の生け方のキホンから
お部屋にセンスよく花を飾るポイント、
様々なアイディアなどをお伝えしながら

初めてのかたにもわかりやすく
ひとりひとりにあわせたレッスンで
あなたの個性とセンスを引き出していきます

ルンルンルン♪ とハミングしながら
軽やかに楽しく
お花を飾れるようになりたいかたへ

パリ、ロンドン、NYスタイルから
和風、トロピカルまで
季節のお花を使って
お部屋に飾るアレンジを作ります

・1〜3名様までの少人数制




10/26【限定レッスン】
"実物を使ったフレンチスタイル"を開催

↓↓↓
limited lesson


教室を移転するため
10月は通常レッスンをお休みさせていただき
11月から再開いたします

11月のスケジュールをアップしました

↓↓↓
 lesson schedule

blog

台風19号の被害にあわれた方々の
一刻も早い復旧をお祈りしています。



少し前の話しになりますが、9月に南インドのホスピタルで、夫とアーユルヴェーダを受けてきました。


宿泊には建物の中の部屋と川沿いのコテージがあり、コテージを予約。綺麗に整えられた庭には沢山の緑と南国の花が❤︎ 周りの緑にあふれたジャングルや川が借景となって、溶け込んでいました。

ホスピタルといっても、まるでリゾートホテルみたい。
美しい風景は心を満たしてくれ、フラワーアレンジメントの参考にもなります。

さらにうれしかったのは、ウェルカムフラワーがあったこと。やっぱり部屋の中にもお花があるとテンションあがります(╹◡╹)

卓上の小さなアレンジでしたが、プロが挿した思われるステキなフラワーアレンジメントでしたよ。ちゃんと勉強した人が作ったアレンジはどんなに小さなものでもわかります。




そして、朝食前と午後の2回、中庭に面した階段にさり気なくティーセットを置いていてくれたので、室内にあったウェルカムフラワーをテラスルームのテーブルに移してティータイム。午後にはおやつのビスケットつき❤︎

食事も朝・昼・晩と3食付きで、塩気がなく、あっさりしているのだけど、ちゃんと味があって美味しいのが不思議でした。

スタッフの人たちもみんなフレンドリーでステキな笑顔。
マッサージもとても丁寧でした。




そんなにステキなことずくめだったのですが。。

お医者さんから "インドの気候とアーユルヴェーダのマッサージは今のあなたの体調にあわない。このまま居ても身体によくない"
といわれ、予定よりも早く帰ることに!
ショックだったけど、素晴らしいお医者さんだなと思いました。

ちなみに、9月は雨季で湿気もあり気温も高かったのですが、冷房はありませんでした。




そして、正直いうと、南インドに向かうエア・インディアの機内ですでに、"なんとなく" 、本当になんとなく、なんだけど居心地の悪さを感じていたのです。。

だから、ああ、やっぱり、、って。
ショックだったけどホッとしている自分がいました。
なんとなく、の感覚って大切ですね。

綺麗な庭と緑、スタッフの人たちのあたたかさに離れがたい気持ちもありましたが。。




そんな感じで、私の体調にはあわなかったのですが、アーユルヴェーダに興味のあるかたにはおすすめのホスピタルです。
とてもわかりやすくまとめているブログがあったので、コピペさせていただきます。
https://www.hiko-pro.com/2019/06/mitra-ayurveda/




yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish






2019年10月11日(金) 快適なレッスン
先日11月のスケジュールをアップしたところ、さっそくお申し込みをくださったみなさん、ありがとうございます。

バラのレッスンは、静岡県のやぎバラ育種農園さんが開発したバラを送っていただいてレッスンできることになりました!新しく開発されてこの秋から出荷される最新のバラも使う予定です。お楽しみに。(私もすごく楽しみです❤︎)

レッスンご希望のかたは、まだ少しお席があります。
クリスマスリース・レッスンも承り中です☆
↓↓↓
lesson schedule



レッスンですが、これまでまれに1名様のご予約で、マンツーマン・レッスンになったとき、緊張されるかたや
(なんでなんで〜、って私は思うのですが!)
一緒に受ける人がいなくてさみしく感じるかたが多かったので、なるべくそうならないように今回のご予約では第2希望日まで記入していただいて、調整しています。

それでも、もし1名様でのご参加になったときは、マンツーマンでラッキー!と思ってください・笑
ある意味、ホントにラッキーだと思うのですよ。



そして、今回、クリスマスリースのレッスンは、2タイプから選んでいただいてますが、これも同じ内容のかたが一緒の日時になるように調整させていただいてます。
レッスンする私も、受けるみなさんも、ゆったりと快適なレッスンにしたいなと思いまして。

そのため、別のところで何かご不便をおかけすることがあるかもしれませんが(すべてが完璧!なことはないので)、
これからも、みなさんと一緒に心地よく快適なレッスンを作り上げていきたいなと思っています。



どうぞ、よろしくお願いいたします(╹◡╹)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish



先月、台風15号の被害で大きな被害を受けた千葉県の花農家の方々。私が知っている農家の方は、日々がんばって再建されています。

その一方で、昨日の東京新聞の記事には、廃業を決断した花農家の方のことが載っていました。


《東京新聞 10月9日の記事より一部抜粋》

石井さん家族は父親の代から60年、テッポウユリを育ててきた。ハウス10棟が倒壊し、出荷間近のユリ約5万株がなぎ倒され「何十年もやってきたことが吹っ飛んだ」。 一千万円ほどの見込んでいた収入源は断たれ、逆に10月中に支払い予定だった仕入れ済みの球根代などで一千万円の負債が残った。
ハウスを再建する場合、さらに数千万円が必要になる。

冷蔵庫に保管していた出荷直前の二千株のユリも、停電の影響で温度が上がって花が開き、売り物にならなくなった。

「融資を受けても返済に何年かかるのか検討もつかない。ばくだいな借金をしてまで続ける意味があるのか」と、廃業を決断。

職探しを始めたが、四十すぎで農業以外は未経験。どこも採用してくれないのではと焦りが募る。

石井さんのほか数軒の花農家が廃業するか検討中だという。


……………………………………………………………………………………



比べものにはならないのですが、同じ生花を扱う者として身にしみるものがあり、心が痛みました。

・仕入れ済みの球根代で負債が残った
・温度が上がって花が開き、売り物にならなくなった

生花を扱う仕事の人なら
似たような経験を誰もがしていると思うのです。


・レッスンのためにお花を仕入れたが台風/大雪でレッスンは中止。仕入れた花材費は自己負担。
・仕入れた花材が、すぐにしおれてレッスンで使えない。返品もきかず自己負担。

などなど。。私にも経験あります。


花は生き物。
いろいろ注意していても、思わぬアクシデントがあります。
そこに自然災害も加わると、さらなる追い打ちに。。

めげそうになるときもあります。

しおれなくて使い回しのきくプリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワー(造花)だったら、こんな思いはしなくてすむのに、って思うこともあります。


だけど、やっぱり生花。生花なんです。

生きたお花が与えてくれるエネルギーの魅力にまさるものはなく、そのエネルギーに元気をもらって続けることができています。(プリザやアーティフィシャルにもそれぞれのよさがありますが、あくまでも私の好みで書いています)


だから、全然規模は違いますが、いえ、全然規模が違うからこそ、廃業を決断した花農家さんの気持ちも痛いほどわかります。

がんばって続けてください、とは言えません。

どうか新しいお仕事がみつかりますように
と願うばかりです。

そして、これまでありがとうございました。
そんな気持ちでいっぱいです。


なんでだろう、よくわからないけど、
なぜかこのことについて書いておきたかったので
長くなりましたが書きました。

続けていく花農家の方も、やめる方も
どちらの方々の未来もきっと明るいものだと信じています。



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2019年10月8日(火) 【限定レッスンのお知らせ】
南仏の風を感じるお茶会&レッスンを開催します


お互いに旅が好きで気の合うお友達、ジュエリーデザイナー・Junkoさんのイベントにあわせて、次のような限定4名様のレッスンを開催させていただくことになりました。

興味深い旅のお話しに、お花・お茶・ケーキ❤︎ がついての特別価格となっています。


Junkoさんより
2019年9月13日〜23日まで、聖母マリアとマグダラのマリアゆかりの地を訪ねて、南仏を旅してきました。彼女たちがイスラエルから小舟で流れついたといわれるサント・マリー・ド・ラメールや、その後マグダラのマリアが隠遁したサントボームの洞窟、遺骸のあるサンマクシマンのセシル大聖堂、世界遺産であるカルカッソンヌやアルビの街の風景など、写真をご覧いただきながら現地のようすをお話ししたいと思います。

また、フラワーデザイナーの友人・古家佳史巳さんにより、フレンチスタイルのフラワーアレンジメントのプチレッスンをしていただけることになりましたので、お花好き&フランス好きな方、南仏を旅してみたい方、ふたりのマリアにご興味のある方の参加をお待ちしています。


古家より
プチレッスンは、オレンジの花をメインにダークピンクの花や実物をアレンジします。
写真は花材のイメージで、できればダリアを使いたいなと思っていますが、お花は仕入れの都合で変わるかも。。いずれにしても、色鮮やかなフレンチスタイルのお花をご用意してお待ちしています。ぜひご一緒に、南仏の風を感じながら、心なごむひとときを過ごしませんか❤︎



10月26日(土)13:30〜17:30

✳︎13:30〜
フレンチスタイル
フラワーアレンジ・プチレッスン

✳︎15:00〜
マリアゆかりの南仏
世界遺産の旅 報告お茶会
ハーブティー&ケーキ付き

参加費/4,800円(税込)

【限定4名様】→ 残席2名様となりました



15:00からの《マリアゆかりの南仏 世界遺産の旅 お茶会・ハーブティー&ケーキ付き》のみ参加ご希望のかたは1,500円(税込)となります。

場所/吉祥寺Studio+P
9月までフラワーレッスンを行っていた場所です。初めてのかたはお申し込みの際に詳細をお知らせいたします。



【お支払いについて】
当日、現金でのお支払いにて承ります。

【お持ちいただく物】
・手ぶらでOK!
ハサミ・筆記用具・お持ち帰り袋をご用意しております。

【お申込み】
☆ご予約は3日前 19:00まで承っています。
満席になり次第締め切らせていただきますので、ご希望のかたはお早めにお申し込みください。

☆menuの【contact】から【限定レッスン希望】とご記入のうえお申し込みください。
携帯とパソコンの機種によってはご利用いただけない場合があります。翌日になっても返信のない場合はE-mailまたはお電話にてお申し込みください。
E-mail flower@flourishj.com
tel 090-9776-5007

【遅刻・日程変更・キャンセル】
☆教室は15分前から入室可。開始時間より10分以上遅れる場合はご連絡ください。
☆お席を確保し花材と資材をご用意しますので、ご予約後のキャンセルはできるだけご遠慮ください。やむを得ない理由でキャンセル、または日程変更をされる場合はできるだけ早くご連絡ください。3日前19:00以降のキャンセル(レッスン2日前・前日・当日)はキャンセル料としてレッスン料の100%をお支払いいただきます。ご希望の方はレッスン当日に花材をお渡しいたします。花材の配送はしておりませんのでご了承ください。


南仏の風を感じながら
ご一緒に心なごむひとときを過ごしましょう❤︎



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish



2019年10月7日(月) 花束からスワッグへ
先月のレッスンで制作したニュアンスカラーの花束は、コスモス以外ドライフラワーになる花材だったので
"スワッグにすることもできますよー" とお伝えしてました。

そうしたら!
そのようすをFBにアップしているフレンズが! ドライのスワッグをアンティークな趣きのあるドアに飾っていてステキでした。


私もレッスンの見本だった花束で制作しましたよ。

コスモスがしおれてほかの花も元気がなくなってきたころ、花瓶から抜いて紐をほどき、コスモスを抜いて、濡れた茎を拭き、厚紙にねかせて自然乾燥(写真/下左)。

茎が湿っているまま束ねるとカビが生えそうな気がしたので、乾かしました。

ダリアはドライになるか???だったのですが、小さく縮みつつも綺麗なドライになりました(写真/下中央)。

そしてスワッグに。
生花のときもそうでしたが、ワレモコウとパニカムがいい雰囲気を醸し出しています(写真/下右)。

レッスンでもお伝えしてた通り、フジバカマの花がドライになっていい香り❤︎


みなさんはいかがでしたか?
スワッグにして楽しんでますか?
生花は好きだけどドライは苦手、、というかたもいらっしゃるので、人それぞれでいいと思います。

スワッグにしたかたは、また生花とは違う質感や雰囲気でしばらく楽しめるのがうれしいですね!


ちなみに、ドライフラワーは何年も飾れますが、私は一年くらい楽しんだあと、ありがとうの気持ちを込めて処分しています。理由はまた今度(╹◡╹)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish