blog

ホテルのフラワーディスプレイも楽しみのひとつ


私の旅先でのフラワーアレンジの楽しみ方をご紹介します。

まずはホテルのフラワーディスプレイ。
今回、宿泊したパン パシフィックホテルは規模も大きなホテルだけにアレンジも華やかで、花も地元、オーストラリアのものを使っていてうれしく思いました。

そして到着した日(写真/上と中央)から3日後には、一部の花材をメンテナンスして新鮮な花材に差し替えていました(写真/下)。

上と下の写真を見比べると、葉のタニワタリ、ユーカリ、モンステラはそのままですが(これらの葉はとても長持ちですから)、花はバンクシアとリューカデンドロン(緑)が、ピンクッションとリューカデンドロン(茶)に替わっていました。花色も黄色系から赤系に変えているので印象も変わりました。

もし宿泊したホテルにフラワーディスプレイがなかった場合は、近くのホテルを見て回ります。

大きなホテルほど花のボリュームも華やかなことが多いのですが、小さなホテルでもセンスのよいアレンジを飾っていることがあるので、散歩がてらホテルの玄関やロビーを見て回るのも楽しいものです。

あと、到着した日か翌日にお花屋さんを見つけて、アレンジか花束を買ってホテルの部屋に飾るのもおすすめ。

フラワーアレンジの勉強になるのはもちろんですが、観光で疲れて部屋に帰ったときに花があるととても癒されます。
香りのよいハーブなどを混ぜてもらうとアロマテラピーにもなりますよ。

そして今回、気づいたこと。
規模の大きなホテルだと、ルームサービスでフラワーアレンジを注文できるんですね! 部屋にあるホテルの案内帳に載っていたのですが、そのサービスに気づいたのが出発の前日だったので、残念でした。

旅先でもこうして花の勉強をして楽しんでいます。



yoshimi furuya



♢オーストラリアの旅 7♢
https://flourishj.com/blog/entry-b1639.html


     暮らしの花をセンスアップ*flourish