blog

最新のblog
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
2017年1月4日(水) あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます



今年も季節の花や葉、枝や実物の魅力をお伝えしながら

お部屋に飾って楽しめる
フラワーアレンジメントを提案させていただきます。

どうぞお楽しみに!

*今年の抱負については、また明日アップしますね。


注連飾り・・穢れを祓い、神様を迎えるため清められた場所であることを示す
松・・常緑樹=長寿と健康、歳神様の依代(よりしろ)
南天・・難(南)を転(天)ずる
金柳・・邪気を祓う、無事を祈る


              flourish 古家佳史巳


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2016年12月31日(土) 今年もありがとうございました!
 みなさんと一緒に季節のめぐりを感じた一年でした

昨日、今年最後のレッスンを無事終えることができました。
毎年お正月レッスンでお伝えしている、
お正月とは・・・

 旧年の豊作と平穏に感謝し、また新年の豊作と平穏を願う日

お伝えしながら私自身、みなさんとまた今年もこうして
楽しい時間を過ごせたことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。


今年、NYの旅で初めて出会った方と親戚の女性、
それぞれがまったく同じことを言っていてとても印象深かったこと

 日本人の多くは自分たちが幸せだということに気がついていない

 日本という国はやさしくて過ごしやすく平和な国

わかっていたつもりだけど、
すっかりあたりまえになりすぎて
ないものねだりになっていた自分に気がつくことができました。


こうしてみなさんと一緒の時間を過ごせることも
あたりまえのようでいてあたりまえではないこと。
あらためて、フレンズのみなさん、ありがとうございました!

今年も入会、退会、復帰と、出会いや別れ、そして再会がありました。

季節のめぐり、そして時の流れは少しずつ少しずつ、
いろんなことを変化させていきますね。
これも自然の摂理。

そんななか、とにかく願いはただひとつ。
みなさんがお元気で幸せでありますように!


そして、今年もflourishを様々な角度から
支えてくださった人たち。
これもけっしてあたりまえではないこと。
この場を借りてお礼を言わせてください。


宇治先生/クリエイター・講師
楽しい雰囲気のなか、
ひとりひとりの個性を尊重しながら
みんなが上達するように教えることができる先生は
滅多にいません。
flourishのレベルの高さは宇治先生のお陰。
ありがとう!

長濱さん、石川さん/水揚げヘルプ
裏方の地味な作業をいつも明るくこなし、
さり気なく私のことまで気遣ってくれる温かさ。
決して表舞台には出ようとせず、
裏方作業に徹することができるその姿勢、
誰もができることではありません。
ありがとう!

浅井さん/ブログのインタビュー記事
さらさらっと読める楽しい記事の裏側には
いろんな工夫が散りばめられて
でも、それを感じさせない文章力。
来年も楽しみにしています!
ありがとう!

福田さん/制作作業ヘルプ
地味な作業をいつも気持ちよく引き受けて
テキパキとした作業に
「楽しかったです!」とまで言ってくれて
本当に助かっています。
ありがとう!

みんな、本当に本当にありがとう!

感謝の気持ちを込めて
みなさん、よいお年を!


              flourish 古家佳史巳



     暮らしの花をセンスアップ*flourish


     
2016年12月29日(木) お正月花材揃いました!
 それぞれに意味の込められたお正月花材

昨日は今年最後の仕入れで
無事、思い通りの花材を仕入れることが
できました。

そして午後からは
お正月レッスンも始まりました。

フレンズのリクエストから始まった
このお正月レッスンも、もう何年目かな・・。

クリスマスレッスンに比べると
年末の3日間に凝縮されたお正月レッスン。

慌ただしい年末にも関わらず
毎年恒例で参加されるかたも多く、
すべて満席。

きれいなお花を飾ってお正月を迎えたい、
みなさんのそんな想いが伝わってきます。


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2016年12月26日(月) 教室のクリスマスディスプレイ1
 冷たく凍りついた森

教室のクリスマスディスプレイ、
今年のテーマ ‘Frost’ をイメージして
白いクリスマスボールで氷柱(つらら)を表現しました。

ボールの吊し方もいつもと変えて
氷柱にみえるようにしてみました。

毎年、その年のクリスマスに
来年はどうしよう、とおおまかなテーマを考えるのですが
実際にはその年になってみないと
自分でもどうなるのかわからない部分も多くて
・・・やっぱり変更!とかね☆

ただ、2016年は ‘白’ でいこう!と決めていた、
それだけはゆらぎなく
ただ、白といっても柔らかい雪のような白、冷たい白・・・
いろんな白があるので
凍り付いた ‘Frost’ にしようと決めたのは今年の秋でした。

‘Frost’ な世界、楽しんでいただけたかな。


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2016年12月26日(月) 教室のクリスマスディスプレイ2
 ハロウィンのしまい忘れたおばけもいるよ☆

というわけで・・・
そうなんです、ハロウィンディスプレイで
うっかりしまい忘れたおばけも
そのままクリスマスディスプレイにしのばせてみましたー☆

気がついたフレンズ、いたかな???

そして5年くらい前に
雑誌編集部の依頼で制作したスノーマン、
今年も私たちのクリスマスシーズンを見守ってくれました☆

ブログではほんの一部のご紹介となりましたが、
レッスンでも沢山のステキなクリスマス作品ができあがり、
クリスマスならではの温かな時間を過ごすことができました。

そんな余韻も感じながら
クリスマスディスプレイを外すのは正直、
名残惜しくてさみしいのですが・・・
今年は特に、気に入っていたので・・・。

ちなみに欧米だと1月6日の顕現日までキリストの降誕を祝うので、
クリスマスを過ぎてもディスプレイはしばらくそのままです。

日本にはお正月という大切な行事があるので
日本全国のこの切り替わりは本当にすごいなって思います。
・・私はついていくのが大変・笑☆

でも、花材をみるとぱっと自然に切り替わるんですよね。
というわけで、今日からお正月準備です。

その前に、こうしてクリスマスディスプレイも
ブログに収めておきました。

さようなら 2016年のクリスマス☆


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2016年12月25日(日) フレンズ作品 *
 モミ、ブルーアイス、ブルーバード、ユーカリ・ポポラス、ユーカリ・パルプラ
 ダスティミラー、バラ(ローズユミ)、ホワイトスター

キャンドルアレンジはまさにクリスマスの定番!
‘Frost’ をテーマに、
常緑樹に雪が降り積もったような白い花に
白いキャンドルを添えました。

葉の形がまるで雪の結晶のようなダスティミラーは
オアシスに挿すと保ちがよくないので
ある裏技を使ってしっかり保つようにしています。


*クリスマスキャンドルの由来*

古代の人々は冬が近くなり夜の暗闇が長くなることを
とても恐れていました。
そのため北欧では冬至の季節に火を盛んに焚いていました。
キャンドルが作り出されてからは
太陽の象徴として冬至のお祭りに欠かせないものとなり、
その習慣が現在まで引き継がれ
クリスマスにキャンドルが灯されるようになったそうです。

キリスト教では、イエスキリストは「世を照らす光」と呼ばれており、
その光の象徴としてキャンドルが使われ、
燭台に立てられる3本のキャンドルには
それぞれ「信仰」「希望」「愛」という意味が込められているそうです。


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2016年12月24日(土) フレンズ作品 * クリスマスリース
 モミ、ブルーアイス、ブルーバード、クリスマスオーナメント

そして、玄関を彩るクリスマスリース!

*クリスマスリースの由来*

リースの環は「永遠」を意味し、
葉に殺菌・抗菌作用のあるモミなどの常緑樹を使った
クリスマスリースを玄関に飾って「魔除け」にしたり、
松笠やリンゴなど作物に関係するものをオーナメントにして
豊作を願ったといわれています。


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2 3 4 5 6 7 8 9 10 11