blog

最新のblog
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2017年3月5日(日) 二十四節気 啓蟄
季節のめぐりを告げる二十四節気

二十四節気についてはこちら
http://flourishj.com/blog/entry-b2021.html


今年は
3/5(日)〜19(日)までが
【啓蟄/けいちつ】

初日の3/5が
【啓蟄の日】となります。


「啓」は「ひらく」とも読み
「開く、開放する」という意味があり、

「蟄」の訓読みは「かく(れる)」で
「ひそむ、とじこもる」という意味があるそう。

「隠れたり閉じこもったりしていたものが
開放される」ということで

こよみ便覧
(江戸時代に太玄斎という人が書いた
暦の解説書)には

陽気地中にうごき ちぢまる虫 穴をひらき出ればなり

と書かれ、
冬ごもりしていた虫たちも
暖かさに誘われて動き始める頃とされます。

で、ここで言う「虫」とは
蛙や蛇のことのようです。


啓蟄には
松の木の菰(こも)を外して
焼く風習があります。

菰とはわらで編んだもので、
冬になる前に松の幹に巻きつけたもの。

菰を巻くことで、
暖かい場所を好む松の害虫が
越冬しようとそこに集まります。

啓蟄の時期に菰を外し、
菰ごと燃やすことで
害虫退治の効果があると
考えられてきたそう。

ところが、最近
菰には害虫を食べる蜘蛛ばかりで
意味がなかったことが判明!
・・そんなことあるんですねぇ!

このため菰を巻かないことも多くなり、
巻いていても景観上で、
ということもあるそうですよ。


目にしても
それが何なのか分からなかった
松の藁にそんな意味があったなんて☆

ちなみに
二十四節気は古代中国で生まれたもの。
当時の中国の気候と当時の「太陰暦」に
合わせて名付けられているので
「太陽暦」を使っている現代の日本では、
少し早くなっているそう。

なので、実際に虫たちが土から出てくるのは
もう少し先、4月を過ぎてからだそうです。


参考文献/「いい日本再発見」「暮らし歳時記」「気になること、知識の泉」「みんなの知識 ちょっと便利帳」


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2017年3月3日(金) 古家先生・宇治先生 2017年インタビュー vol.2
さて。お二人の先生のインタビュー第2回。

前回のお話から続き、レッスンの姿勢や
これからの展望についても
インタビューさせていただきました☆

ところで最近、レッスンが変化しつつあるように
感じるのですが。

 古家 お部屋に飾りやすいように
    花材を重視するようになってきたからかな? 
    以前は基本形や凝ったデザインが多かったけど、
    お花が長保ちするように、
    よりシンプルに自由なアレンジになってきたかなと
    思います。

 宇治 キレイな旬の花をシンプルキレイに見せる形。
    でもシンプルだからって
    決してカンタンではないんですよね。

 古家 そう。自由度が効く分、
    カッチリしている形より難しく感じるかも。
    レッスンする私たちも常にセンスを磨いて
    アンテナを張るようにしてます。

 宇治 例えば1月の金魚草とチューリップのアレンジ。
    シンプルなんだけど、結構難しかったと思う。

 古家 ナチュラルでシンプル、
    かつセンスよくっていうのが
    flourishの意識していることなんです。

    シンプルに変わるキッカケっていうのも、
    フレンズの感想からなんですよね。
    「前回のレッスンのお花がまだキレイです」
    なんて聞くと、やっぱりお花が長保ちすると
    よろこんでもらえるんだなって。
    選ぶお花や作るデザインで花保ちも違うので
    意識して変えてきました。

    毎回、テーマのお花を決めて
    デザインを考えるのだけど、
    テーマ花材に拘りすぎると
    デザインとして面白くない時があって。
    柔軟にしたいとも思ってます。

    宇治先生の言った
    金魚草とチューリップのアレンジでも、
    テーマ花材の金魚草が主役ではなくて、
    みんながお花について詳しくなるために
    テーマ花材を決めてます。
    主役的に扱われなくても
    その花材について詳しくなるようにと思って。


そうした中で、先生が意識する
「Crazy →Create → Cool」な姿勢とは?

 古家 「Crazy」っていうのは、
    なにかを創造する世界で「枠を外す」っていうのは
    とても大切だと思っているので・・・
    子どもの頃は自由で発想も豊かだけど、
    大人になると枠にはまっていってしまう。
    常識を身につけることも大切だけど、
    なにかを創るときには
    枠をはずしちゃっていいんだよ、って。

    だからflourishではハロウィンのイベントとかで
    ハジケちゃうようにしてる。

 宇治 「Crazy」には「熱狂する」って意味も
    あるんですよね。

 古家 そう。でもここでの意味は、
    常識的でなくてもいいよ、ヘンでもいいよ。
    ヘンになることを恐れないでね、って感じ。
    「ヘンになること」を恐れてたら
    面白いものはできないから。


それが「Create → Cool」に続いていくんですね。
そしていよいよディプロマコースが始まりますが。

 古家 前からリクエストはあったんだけど、
    さらに自信を深めたい人に向けて、
    階段一歩一歩を上がっていくような感じの
    コースにしたいと思ってます。
    今の世の中を見ていると、
    簡単にすぐ(ディプロマが)発行さてれてしまって
    価値がない。
    だからflourishでは確実に力を身につけて欲しい。

    ワイヤリングとかテーピングとか、
    リビングフラワーコースでは教えていないことも
    やりたいと思ってます。

    あとは花の水揚げ、花の扱い方とかも学んで、
    自宅で友達にお花を教えたいとか、
    花屋さんで働きたいとか(というフレンズに)、
    特にそういう目的がなくても自信をつけたい人にも
    自信をもってできるようにしていきたいと
    思ってます。
    
 宇治 基礎はもちろん、必要な事を、
    花材選びや水揚げも全部できないと
    (ディプロマは)お渡し出来ないっていう考えですよね、
    古家先生は。

 古家 私や宇治先生がいなくても
    全て一人でできるようになって欲しいから。
    だから、地に足を付けた姿勢で
    学んでいただきたいです。


ディプロマコースのスタートが楽しみです。
では、最後に今年の目標をお願いします。

 宇治 私は、目標を持たないタイプなんだけど・・・
    あえていえば断捨離。
    物の断捨離だけじゃなくて、
    ムダな事に費やす時間を削ぎ落して、
    必要な事に時間を使っていきたいですね。

    レッスンでは、それぞれのフレンズに合った
    的確な言葉でシンプルに伝えていきたいです。

 古家 「ワクワク☆コツコツ☆キラキラ☆」を
    さらに繰り返していくこと。
    それから「Crazy → Create → Cool」も。
    あと、フレンズが主体的になっていい雰囲気なので
    この雰囲気を大切にしていきたいと思っています。


‘暮らしの花をセンスアップ’ ・・、
flourishがこのコンセプトを大切にしていることを感じられる
インタビューでした。
そして、レッスンにかけるお二人の想いは、
すでに「Crazy → Create → Cool」を
実現されているかのようです。
フレンズのみなさん、次はどのレッスンではじけましょうか?


kaoru asai


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2017年3月1日(水) 古家先生・宇治先生 2017年インタビュー vol.1
古家先生・宇治先生 2017年インタビュー vol.1


flourishフレンズレポーターの浅井薫です☆

今年最初のインタビューは、古家先生と宇治先生です。

昨年、ワイルドフラワーを使ったレッスンや
ハロウィンでは自由の女神の扮装で驚かせてくれたflourishが
今年はどんな風に展開していくのか、
フレンズのみなさん、興味津々ですよね。

2回にわけてお届けするインタビュー、
まずは昨年の手応えからうかがいました。


昨年はどんな一年でしたか?

 宇治 めまぐるしい一年だった気がします! 
    イベントもあったし、
    思い出せないぐらい盛りだくさんで忙しかった。
    その中でも印象的だったのは親睦会。
    古家先生は?
  
 古家 フレンズのみんなが今まで以上に
    盛り上がる感じが出てきて、
    親睦会も「やりましょうか!」って
    フレンズのほうから段取りを決めてくれたり、
    レッスンでも積極的に学ぼうとしている感じ。
    ハロウィンのイベントとかにも
    違和感なく馴染んでくれたりして・笑、
    和気あいあいと教室をやっていけてると思います。


宇治先生は、フラワーカラーコーディネイトレッスンに
テーマを設けるようになって2年ですね。

 宇治 レッスンに参加してくれる人が定着してきて、
    そういう人たちは着実にスキルアップしてるなって
    思います。
    自分の得意不得意が客観的に見えてる、理解してる感じ。
    なので、それは変わらずに積み重ねていって、
    また今年のテーマで新しいチャレンジを続けていって
    欲しいなって思います。
    そして新しいフレンズにもぜひ参加してほしい。
    アレンジの幅がぐんと広がると思うから。

 古家 参加したフレンズの反応とかはどう?

 宇治 そうですね。自分の出来上がった作品を見て、
    その日に掲げてるテーマに
    より近づけようという意識とか、
    他の人の作品を見た時のリアクションなんかも、
    より深くなってる気がします。

 古家 私も見ていて(参加しているフレンズが)より深く
    主体的に考えたりチャレンジしようとするところが
    出てきたなって感じる。
    回数をこなしている人は
    自信がちょっとずつでてきてるしね。

 宇治 お花を選ぶのも早くなった気がします。
    次は、選んだ花材をどう使うのか
    枝のラインをどう生かすかなどを考えると、
    またステップアップができるんじゃないかな。


宇治先生も力が入りますね!
さて、リビングフラワーコースでは、和モダンアレンジや、
めずらしい花材を使うことが増えてきたように感じます。

 宇治 (去年は)和の花材が多かった気がする。
    赤目柳から始まって丹頂アリウムとかフジバカマとか。

 古家 日本は「右へならえ」で、
    みんな同じ方向を向いちゃう風潮があるけど、
    私はそういう時、左を向きたくなるタイプなので・笑、
    もうずっと「フラワーアレンジはパリスタイルで洋風」
    っていうのが定着していて・・・
    もちろん私もパリスタイルは好きだし、
    レッスンにも取り入れてるけど、それだけじゃなく
    日本らしい形とか日本らしい花材にもチャレンジして、
    フレンズのみんなに
    幅広い力をつけてほしいなと思ってやってます。

 宇治 お花屋さんに行っても手に取らない花材も多く使ったかも
    しれないですね。

 古家 パリスタイルばかりだと、
    バラとか決まった花材に偏りがちで
    形も決まったものになりがちだけど、
    フラワーアレンジメントってもっと花材が豊富で
    すごく幅の広いものだし、
    どんな花材でも使えて楽しめる教室でありたいなと
    思ってますね。
   
    今年からHPに書き始めた二十四節気も
    調べれば調べるほど奥が深くて・・・
    日本は四季の豊かな国で
    お花は四季が関係してくるものなので、
    季節のめぐりを感じながら
    お花を楽しんでいただけたらなって思ってます。


お話が佳境にはいったところで次回につづきます。
flourishのレッスンポリシーとともに、
注目のディプロマコースについてもうかがっていきますので
お楽しみに!


kaoru asai


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2017年2月27日(月) フレンズ作品 * ひな祭りアレンジ
 枝/花桃(曙)、花/ラナンキュラス、チューリップ(春)、
 アリウム・コワニー、その他/アイスランドモス(スプリンググリーン)

2月後半のレッスンは桃の花を使って
ひな祭りアレンジを作りました。

ひな祭りカラーの「桃色、白、緑」で揃えた花や器に
ラナンキュラスのアプリコットオレンジを加えて春らしく。

花桃の蕾を咲かせるためにしたほうがいいこと、
今回のアレンジにスイートピーを加えなかった理由など
ぜひ覚えておいていただきたいことが沢山ありました。
参加されたみなさん、覚えてますか?

「今まで桃の蕾は咲かないものかと思ってました」
と驚かれるフレンズもいらっしゃいました。
知っていただけてよかったです。

花はちょっとした気温や湿度、アレンジの仕方によって
咲き具合が変わってくるので、ポイントを学んで
きれいに咲いていくお花を楽しんでいただけたらと思います。

そして、いろいろ気を配っても
なかには咲かない花もあったりするので、
それはそれで、そういうこともあるんだなあと
経験として積み重ねていってくださいね。
それが生花に触れる楽しさでもあり、奥深さでもあるので☆


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2017年2月21日(火) ラナンキュラス
今月後半のテーマ花材はラナンキュラスです

科 名  キンポウゲ科 キンポウゲ属 半耐寒性球根
学 名  Ranunculus asiatics(ラナンキュラス アシアティクス)
英 名  Persian buttercup、Garden ranunculus
和 名  花金鳳花(ハナキンポウゲ)
原産地  東ヨーロッパ、南ヨーロッパ、西アジア
花 期  4~5月
出回期  10~5月(旬 3月)
水あげ  水切り
花 色  赤、ピンク、オレンジ、黄、白、緑、紫、複色など
花の形態 マスフラワー

【名前の由来】
名前は葉の形がカエルの足に似ていることから、
ラテン語でカエルを意味する「rana」に由来します。

切り花として見かけるラナンキュラスの多くは
多湿にならない水はけのよい場所を好みますが、
ラナンキュラスの仲間の多くが
カエルが住むような湿地に自生することにもちなんでいるそうです。

【歴史】
かつてトルコの宮廷で好まれ、
十字軍がヨーロッパに持ち帰ると改良を加えて園芸用品種がつくられ
18世紀を中心にイギリスでフローリスト達によって育種が進み、
近年ではオランダで育成されたものも多く、
切花用品種を中心に改良が進み、
花色だけでなく花形も変化に富んだ品種が増え
香りのよい品種も登場しているそうです。

日本では鉢花として人気のある花でしたが、
切り花が出回るようになると
丸く可愛らしい花の形が大ブレイク。
春になると様々な色のラナンキュラスが
お花屋さんを彩っています。

【花】
咲き方は大きく分けて4種類
◎カメリア咲き 花びらが幾重にも重なりコロンと丸い形。ほとんどのラナンキュラスがこの咲き方。 
◎フリンジ咲き(別名/カーネーション咲き)花びらの先がフリルのように波打っているもの。
◎ピオニー咲き 波打ったフリル状の大小の花びらが特徴。
◎カール咲き(別名/バラ咲き)花びらが内側にカールしてボリュームたっぷり。

花びらは100~200枚、多いものだと250枚にもなります。

原種は一重咲きで、主に黄色い花だったそうです。

【茎】
かつてはラナンキュラスといえば
茎が太く短く、曲がっていて、花首も折れやすいため
フローラルフォームに挿しづらく
ブーケにも使いづらい花でしたが、
日本の育種家の努力により、
細くまっすぐで折れにくい茎が作られました。

<POINT>
・ラナンキュラスのように茎にうぶ毛の生えている花は
 水に浸かった部分の茎が腐りやすいので浅水(5cm程度)で飾ります。
・茎がやわらかいので、オアシスに挿すときはまっすぐに切りましょう。
・首が折れやすいので注意して丁寧に扱いましょう。


レッスンでは色の異なる2種類のラナンキュラスを使って
ひな祭りにも飾れるアレンジを作っています。
品種改良によって使いやすさも花保ちもよくなったラナンキュラス。
そして、コロンとしたカメリア咲きの花姿も楽しんでくださいね☆


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2017年2月17日(金) 二十四節気 雨水
 お雛様を飾る日

季節のめぐりを告げる二十四節気

二十四節気についてはこちら
http://flourishj.com/blog/entry-b2021.html


今年は2/18(土)〜3/4(土)までが【雨水/うすい】で、
初日の2/18が【雨水の日】となります。


「雨水」は降る雪が雨へと変わり雪解けが始まる頃。
春の足音を感じる頃のこと。

山に積もった雪もゆっくりと溶け出し、田畑を潤すため
昔から雨水は農耕を始める時期の目安とされていたそうです。



そして、「雨水の日」にお雛様を飾ると
良縁に恵まれるといわれているそうですよ。


理由は諸説あり、

「新芽が芽吹くように良い縁が芽吹くといわれている」という説。

「雨水」という「水の恵みの日」が、
子宝安産の神として信仰されている日本神話の「水の女神」と結びついて
「生命の源である水の神にあやかって、雨水に雛人形を飾ると良縁に恵まれる」
という説。

 昔々、水は生活に欠かせないものなので、
 日本では水田稲作に必要なものとして信仰されるようになりました。

 「水の神」は「井戸の神」とも同一とされました。
 井戸端というように、
 井戸は食事や洗濯など女性の集まる生活の場所だからです。

 そのことから水は母なるものとされ、
 日本神話の水の女神・罔象女神(ミズハノメノカミ)は
 母神、子宝安産の神として信仰されているそうです。



ご存知でしたか?

お雛様を飾るのは
「立春を過ぎてから」「大安の日」ともいわれているそうですが、
なかでも「雨水の日」は良縁に恵まれるということです。

子どもの頃に飾られていたお雛様、母は知っていたのかなぁ・・。

そして中学生の頃、女子の友達と放課後ずっとお喋りしていると
「井戸端会議はいつまで続くの?」と言われ、
「なんで ‘井戸端’ って言うの?」って不思議だったのですが、
その謎が解けました☆


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish


2017年2月14日(火) バレンタインデーについて * 世界では・・
ステキにラッピングしたバレンタインアレンジ♡

バレンタインデーについてのつづきです・・・

日本では神戸の洋菓子店モロゾフが
1936年2月12日の新聞広告で初めて
「バレンタインデーにチョコレートを」と提唱、
その後、ほかのお菓子メーカーも
女性が男性にチョコレートを贈るように
デパートで売場展開したり、
広告を出したりしたことから
今のようなバレンタインになったそうです。

花業界では2011年から
欧米のバレンタインデーにちなんで
「フラワーバレンタイン」として
男性から女性への花贈りを呼び掛けています。

さて、世界のバレンタインデーは
どんな感じなんでしょう☆



 *アメリカ*

 男性から女性に花やギフトを贈ります。
 特に人気なのは赤いバラ。
 職場に届けられるのが一般的で、
 一緒にディナーやお芝居も楽しんだりするそう。

 また、日頃の感謝を伝える日でもあり、
 子どもから大人まで、友達や家族で
 チョコやカード、ギフトのプレゼント交換をしあう
 国をあげての一大イベントだそうです。

写真に掲載している
アメリカ映画「VALENTINE'S DAY」は
まさにアメリカ人のバレンタインデーにかける想いが
描かれていておもしろいですよ。

恋人がいないと淋しい、
そんな日本のクリスマスのような感じです☆

お花屋さんもでてくるので、
アメリカのフラワーアレンジメントや花束も
見ることができますよ。



 *イギリス*

 愛し合う恋人たちの日とされ、
 女性に喜んでもらうために
 男性は素敵なレストランを予約し、
 花束やカードを渡すのが一般的だそうです。

ここでもカードがでてきました・・・
欧米でおしゃれなカードが多いのはそのためかも☆



 *フランス*

 ‘恋人たちのお祭りの日’ とされ、
 恋人や夫婦で贈り物をしますが、やはり定番はお花。
 なかでも「あなたを愛します」という意味を持つ
 赤いバラが人気ということです。

愛する気持ちを伝えるのに
やっぱり赤いバラは世界共通ですね!


 *韓国*

 日本と同じく女性から男性にチョコを渡し、
 義理チョコもあるそうです。
 バスケットにチョコレートを沢山詰めて
 華やかにラッピングしたのが人気だそう。

ちなみに、4月14日には「ブラックデー」といって、
バレンタインデーやホワイトデーに縁のなかった人が
お互いを慰め合って一緒にジャージャー麺を食べるだんそうです。
おもしろいですね!


 *インド、イスラム圏*
 ヒンズー教が多いインドやイスラム教のイスラム圏では
 宗教上の理由でバレンタインを祝うことを禁じているそうです。

日本では宗教とは関係のないイベントになっていますが、
キリスト教の祭日だった(今は祭日ではないそうです)
ということを感じますね。



日本では会社ぐるみでの義理チョコ配布など、
ちょっと行き過ぎたところもあったりもしますが☆
日頃は照れくさくてなかなか伝えることのできない
愛や感謝を伝え合うのはステキなこと。

みなさんも温かな愛にあふれた
バレンタインデーをお過ごしください♡

Happy Valentine's Day !


yoshimi furuya


     暮らしの花をセンスアップ*flourish

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10