blog

最新のblog
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018年10月28日(日) レッスン風景
Autumn Basket Arrangement


10月のレッスンも今日で終わり。
ご参加くださったみなさん、
ありがとうございました!

朝6時半に家をでて花材の仕入れ、
レッスンの準備、レッスン・・を繰り返し
ブログに載せたい写真は沢山あるのに
作品アップが追いつかない状態です。。

先日の花選びレッスンの作品は
また後日アップしますねー。


来月はいよいよクリスマスレッスンです。
どの季節を迎えるときもドキドキワクワクしますが、
これからの季節はとても感慨深くて
またさらに大好きな季節です。

また季節ならではの花材を仕入れて
ステキなリースやアレンジを
レッスンしていきますのでお楽しみに!



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年10月21日(日) 花選びレッスン
Flower Cordinate Lesson


今日の午前レッスンは
リビングフラワーレッスン、
午後は花選びレッスン(写真)でした。

花選びレッスンは
リビングフラワーレッスンを
6単位修了したかたが受けられるレッスンで、
お花選を選ぶところから学びます。

今日、初めて参加されたフレンズ(生徒さん)も
楽しかったー!と
お花選びを楽しんでいただけたようです(╹◡╹)

作品は次回、アップしますね!



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年10月10日(水) アーティフィシャルフラワーのスワッグ
Christmas 2018 Special Swag

11/25(日)のクリスマスレッスン
アーティフィシャルフラワーの
スワッグで使う花材です。

実物にモミや銀色に輝くコニファーなど
10種類のニュアンスのあるグレイッシュな花材に
透明感のあるオーガンジーのリボンをあしらいます。

アーティフィシャルフラワー(造花)なので
大切に保管すれば毎年飾って楽しむことができますよ。

形は見本ができ次第アップいたしますね。

限定4名様となっていますので、
ご希望のかたはお早めにお申し込みください(╹◡╹)
花材を確保いたします。
*背景に写っているキャンドル等は含まれません。

↑残席3名様となりました(10/21現在)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish



2018年10月10日(水) ダークトーンのバスケットアレンジ
Autumn Basket Arrangement


今日のレッスンで、見本用に作った作品です。

テーマは “ダークトーンのバスケットアレンジ” なのですが
ダークトーン以外のお花も入っているので
“ダークトーンの実物を使ったバスケットアレンジ”
といったほうが正しいかな。

ナチュラルなシルバーグレイの
ワイヤーバスケットを生かした色彩にしています。

バスケットの中に敷いた
ラッピングペーパーの色にもこだわりました。
ニュアンスのあるグレイッシュなミントグリーンは、
シルバーグレイのワイヤーバスケットが綺麗にみえる色彩です。

ハロウィンアレンジにする予定ではなかったのだけど、
オシャレなカボチャを仕入れることができたので
思わずアレンジに加えて☆
ハロウィンカラーのオレンジを使わなくても
なんとなくハロウィンらしくなりました(╹◡╹)


24日(水)10:30 残席2名様となっています。(11/10現在)
↑残席1名様となりました。(11/11現在)
↑満席になりました。(11/12)
ありがとうございます。

参加ご希望のかたがいらっしゃいましたら
こちらをご覧のうえ、ご予約くださいませ↓↓↓
満席にて締め切らせていただきました。
ご希望のかたはこの日、キャンセル待ちにて承ります。


lessons schedule


花材は仕入れの都合により、レッスン日ごとに変わります。
毎回、ステキなお花やグリーンを仕入れますのでお楽しみに☆



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年10月9日(火) オーストラリア植物紀行 4.
Beautiful Wild Flowers


先日、話題の映画 “カメラを止めるな” を観ました。

ホラー映画が大の苦手なので
前半の劇中劇では
何度も映画館を出そうになりましたが、
途中からは大爆笑!
最後にはあたたかな気持ちになるという
評判通りのいい映画でした。

この映画を作った監督、
本当に映画を作るのが好きなんだなあ!
って感じましたよ。
スタッフや役者さんたちも。

いろんなメッセージが込められていたのですが、
特に印象に残ったのは、
ホラー映画(劇中劇)の撮影でアクシデントが起こり、
それでもなんとか大切なシーンを
撮ろうとする監督に、
プロデューサーが軽く言い放つ
「そこまで(視聴者は)見てないですって」。
その言葉に性格の気弱な監督が
「見てんでしょうが!」
と怒鳴り返したところ。

ものづくりに携わる人はそうでなくっちゃ!
と、励まされましたよ。


長々と再アップしてきた“オーストラリア植物紀行”。
マニアックな内容だったかもしれません。。

フラワーアレンジメント教室に
ここまでのことは求められてないのかも。。
そんな風に思ったこともありましたが、
この映画を観てホント励まされました。

見ている人は見ている。
伝わる人には伝わっている。


これからも
花やグリーンが私たちに与えてくれるメッセージを
お届けしていきたいと思います(╹◡╹)



♢オーストラリア植物紀行♢

7. パースの花屋
https://flourishj.com/blog/entry-b1639.html

8. 視野を広げて
https://flourishj.com/blog/entry-b1633.html



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish






2018年10月7日(日) オーストラリア植物紀行 3.
A Swag made of Wildflower


“自然に朽ちていきたい” という強い思いがあった

【樹木希林さん告別式で本木雅弘さんが明かした最期】
という記事で、印象に残った言葉です。

独特な発言や行動、年齢の重ねかた、
そして最期まで、すべてが “自然” なかたでしたね。

私がフラワーアレンジメントでいろいろな植物に触れて
学んだり、感じたりしてきたことと
(今回再アップしているオーストラリアの植物も)
樹木希林さんの “自然な生き方” には
とても通じるものがあって、
女優さんとしてはもちろんですが
ひとりの人としても、いつも気になるかたでした。

彼女にとっての自然さが
世間の常識とは外れていたところも
人生では叶ったことも叶わなかったことも
あったと思いますが、
最期まで自分にとっての
“自然” な生き方を貫いた姿に共感します。



♢オーストラリア植物紀行♢

5. その国の花
https://flourishj.com/blog/entry-b1629.html

6. ホテルの花装飾
https://flourishj.com/blog/entry-b1640.html


yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年9月27日(木) オーストラリア植物紀行 2.
Swag Lesson using Banksia


今月のレッスン、スワッグで使ったバンクシア(写真/オレンジの大きな花、バンクシア・コクシネア。ほかオフホワイトのバンクシア・フーケリを使った日もありました)。

レッスンでもお伝えしましたが、名前の由来はキャプテン・クックの航海(1768〜1771)に同行した植物学者ジョセフ・バンクスの名前にちなんでいるそうです。

初めて足を踏み入れたオーストラリア大陸で初めて目にしたユニークな植物に、植物学者のバンクスさん、きっと興奮したんじゃないかなあ。

立場は違うけれど、日本で切り花のバンクシアに触れてその存在を知っている私でも、実際にオーストラリアで咲いているところをみてテンションあがりましたから!


今回再アップしたブログ『命をつなぐブッシュファイヤー』では、生態に適した環境でエネルギッシュに命をつないでいるバンクシアのようすを、『荒野の墓標』では “地球は生きていて常に変化しているんだなあ” そんな雄大な景色について綴っています(╹◡╹)



♢オーストラリア植物紀行♢

3. 命をつなぐブッシュファイヤー
https://flourishj.com/blog/entry-b1632.html

4. 荒野の墓標
https://flourishj.com/blog/entry-b1626.html




yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




3 4 5 6 7 8 9 10 11 12