blog

最新のblog
6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
2018年7月9日(月) 取り急ぎ送らせていただいたもの

豪雨で西日本の被害が大変なことになっていますね。

こういうとき、FBをみていると、すぐに援助活動を起こして物資の募集を呼びかけているかたの情報がシェアされていたりするので、私はそういうかたに物資を送るようにしています。

今回は、

現状、缶詰などの日持ちする食品が不足しています。
子供、お年寄の食べれる食品、アレルギーにご配慮頂ける食品などをご支援頂けたら助かります!!

ということでしたので、そのままでも食べられる玄米粥のレトルトパックを送らせていただきました。

玄米には栄養も沢山含まれていて、お粥だとお年寄りや子供さんたちも食べやすいかなと思って。

色々調べた中で、コスパ・送料無料・注文のしやすさ等でAmazonから手配しました。

この方法が最善だったかどうかはわかりませんが、取り急ぎ。。

被害が一刻も早くおさまりますようにお祈りしています。



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年7月6日(金) 浅田真央展に行ってきました
Mao Asada Display


気になっていた『浅田真央展』、ちょうど帰省中の松山で開催されていることを知って行ってきました。

実は私、もし私にスケートの才能があれば、真央ちゃんのコーチをして一緒に夢を叶えたい、そんな妄想を描いていたことがありました。あくまでも妄想ですよ。そのくらい、真央ちゃんには、人が伸びるのに必要な要素や才能を持っているのを感じていたんです。

話が逸れましたが・・・、


銀メダル、思っていたより大きかった!
そして重みも感じました・・触れないのでみた感じの重さと、メダルを取るまでの重みと。

子どもの頃の衣装はちっちゃくて可愛くて、感慨深かった。

オリンピックなどの衣装は、今は静かに眠っている感じ。
やっぱり氷の上で真央ちゃんが身につけてこそ輝きを放っていたんだなあ。

それでも衣装の前に立つと、手のひらがビリビリして、なんだろう、すごい気を放っているのを感じました。
真央ちゃんの気迫と、世界中の声援を浴びてきたからかな。

私は、真央ちゃんはラベンダー色の衣装が似合うと思うので『ノクターン』や『蝶々夫人』の衣装をみられて感動!


フィギュアスケートの演技を観ていると、フラワーアレンジメントのデザインが頭に浮かんできて、お花を生けたくなるのだけど、衣装をみていると、私も衣装をデザインしたくなりました・・裁縫は苦手なのでデザインだけね・・。

散りばめたスパンコールの配置とか、スカート部分の生地や色の重ね、シルエットなど、みていてうっとり!

スカート部分は、綺麗なだけでなく、ジャンプやスピンがしやすい生地やデザインになっているのもよくわかっておもしろかったです。

フラワーアレンジメントも、綺麗なだけでなく、飾る場所や用途によって使う花やデザインを変えていくことが大切なので (レッスンでもお伝えしていますよね)共通していますね。


そんなわけで、昨日、今日と2日続けてみてきましたよ。毎日通いたいくらい・・でも明日、東京に戻ります。

真央ちゃんのまっすぐでひたむきな人柄を感じる展示で、とても清々しい気持ちになりました。


*写真は撮影OKな衣装を写してきました。



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年7月6日(金) 木のぬくもりと職人さんの美意識
My pearent’s house made of Japanese cypress.


まるで時代劇にでも出てきそうな実家の玄関とお座敷です。

総檜造りで築60年以上、当時の大工さんや職人さんたちの丁寧な手仕事と美意識に感動します。*窓の格子が一部欠けているのは、私や弟たちが子どもの頃にやんちゃだった仕業かな。。

欄間に描かれた松や花などの木彫りの柄は、フラワーアレンジメントそのもの。植物が生き生きと描かれていて、バランスや空間の取り方も絶妙です。

写真を撮っていると母が「なんで家の写真なんか撮るん?」と不思議そうに聞いてきました。毎日暮らしていると、この素晴らしさに気がつかないみたい。。。
私も10代の頃は洋風のお洒落な家に住みたい!って思っていたものね。。。

この家にいるととても落ち着くのは、実家だからというのもあるけれど、木のぬくもり(素材のよさ)と職人さんたちの丁寧な手仕事のお陰だと思っています。神社仏閣で落ち着くのと同じ感じ。

日本人は古くていいものをもっと大切にしてもいいと思う。
古民家カフェとか流行っていますが、大賛成!

日本のこういう日々の暮らしの中での、素晴らしい文化を大切にしていきたい。後世に残していきたい。心からそう願うこの頃です。



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年7月5日(木) 思い出と熟成
Jodo-ji Temple and Hiohachiman shrine at Ehime Prefecture, Shikoku.


実家から徒歩2分の四国第49番札所 浄土寺と日尾八幡神社です。

浄土寺(左上から時計回りに4枚)
日尾八幡神社(右下から5枚)

子どもの頃からの思い出がいっぱいの場所。
この景色を日常的に眺めていたなんて風情があるなぁ、と今なら思えるのですが、そんな風に感じるようになったのはつい最近のことです。


四国といえば八十八ヶ所、お寺に恵まれた場所柄のためか小学生のときから遠足といえばお寺、写生大会といえばお寺、なにかとお寺、お寺・・でした。


松山は俳人・正岡子規の出身地ということで、何かの節目などには俳句を詠まされ・・言葉は悪いのですが、よろこんで詠んでいるこは少なかったように思います・・・
ウンザリしていた私が中学の卒業文集で提出した句は、高校受験のため全員強制参加の早朝補習を詠った

走ったぞ なんとか補習間に合った

風情など微塵もなく、リアルな中学生活をそのまま言葉にしたものでした。。。


さらに愛媛は砥部焼の産地でもあるので、何か行事があると湯呑みに絵付けをするのも恒例で


お寺、俳句、焼き物・・・


今なら、そう、大人になった今なら有り難く愉しめますが、、小学・中学・高校生の子どもにとっては地味過ぎました・・・。


でも、そんなこともふくめて今はすべてが懐かしく感じるのですから不思議なものですね。


そんな子ども時代の経験や慣れ親しんだ景色が、今の私に何か影響を与えてくれているのか、フラワーアレンジメントの仕事に役立っているのかというと、正直なところよくわかりません。

だけど、年月を経て感じかたが変わってきたように、いつか点が線に繋がるときが来るのかもしれないので、今は将来の私がどう感じるのかを楽しみに、そのまま熟成させておこうと思います(╹◡╹)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年7月4日(水) 視点が変わると視野が広がる
Seto Inland Sea


一昨日から四国に帰省しています。

到着前、飛行機から眺めた瀬戸内海は
相変わらず穏やかで

空と海がひとつになって
大小の島々が浮かぶ景色をみていると
まるで天国みたいだなあ、なんて
天国へ行ったこともないのに
そんな風に思ったりしています。


結婚をきっかけに東京へ来る前は
この海から空を飛んでいく飛行機を見上げて
あの飛行機はどこへ行くんだろう
って思いを馳せていました。

それが今は空から海を見下ろすようになって
不思議というか、おもしろいというか。


こちら側からあちら側へ

あるときそんな風に
真逆の立場になるときってありますよね。

視点が変わるとみえる景色も変わって
驚きを感じたり、新しい発見があったり・・

瀬戸内海がこんなに穏やかな海で
そこに浮かぶ島々が美しい風景を
創り上げていることも
海にいるときには気がつかなかったわけで、
人生のおもしろさを感じます。



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish





2018年6月29日(金) ガラス花器の使い方
Canterberry bells in a bowl


今月のレッスンで使ったガラスの器に
カンパニュラを切り分けて活けました。

ポイントは器の縁に花を沿わせて活けること。
そのとき花の向きに動きと高低差とつけるといいですよ。

そして、器の向こう側に空間を作ること。


涼やかな器なので、
夏の間にぜひいろいろと活用してくださいね。


またほかのお花でのアレンジもご紹介しますね(╹◡╹)


*このフローティングフラワーもぜひご参考に。
https://flourishj.com/blog/entry-b2133.html


yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2018年6月24日(日) 生徒作品・花選びレッスン
student’s flower arrangement


花選びレッスンも
リビングフラワーレッスンと同じく
初夏のテーブルアレンジを作りました。

今回はみなさん、似た配色になりましたね。

形はシンプルな丸いラウンドですが、
花に凹凸をつけたり、グルーピングしたり、
綺麗な茎を生かして表情をつけたり・・・
選んだ花材の特徴を生かしてアレンジしています。


ラウンドアレンジメントはシンプルな形だからこそ
無限のバリエーションがあります。

これからも季節ごとに花材や器を変えて
レッスンしていきたいなと思います(╹◡╹)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




6 7 8 9 10 11 12 13 14 15