blog

最新のblog
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2019年10月2日(水) 花束とファッション
9月のフラワーレッスンより
〜秋の花材をナチュラルに束ねる〜
ニュアンスカラーの花束


花束レッスンのラッピングでは
花色に合うペーパーを何種類かご用意して
ピン!ときた色を選んでいただいています。

出来上がった花束は
袋に入れて持ち帰るかたが多いのですが
抱えてお持ち帰りしていたフレンズの
ラッピング&お花の色と
お洋服の色がマッチしていて
とってもステキ!だったので
帰り際の玄関で
思わず撮影させていただきました❤︎

ちなみに、花束は抱えて持ち帰ると
テンションあがりますよー。
かつて私も生徒だったとき(遠い昔・・)
そうだったので(╹◡╹)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2019年9月27日(金) 9月のフラワーレッスンでは
今月のフラワーレッスンは

ドライフラワーで
〜ナチュラルドライフラワーを束ねる〜
アンティークカラーのスワッグ

生花では
〜秋の花材をナチュラルに束ねる〜
ニュアンスカラーの花束(写真↑)

を作りました。



なにかひとつでも

新しく知ったこと
気づいたこと
手ごたえを感じたこと
できるようになったこと

があったとしたら
とってもうれしく思います。

ぜひ、そのことを大切にしてくださいね(╹◡╹)


まだまだ書きたいことが沢山〜!
あるのですが!

まずは今月も楽しくレッスン
できたことのお礼を❤︎

ご参加くださったみなさん、
ありがとうございました!



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2019年9月13日(金) 十五夜アレンジ
十五夜アレンジ

十五夜に飾る花には、お月様にみたててよく黄色いピンポンマム(菊)が使われますが、私はこのピンクの菊が好きなので、ピンクのお月様にしてみました(╹◡╹)

家にあるお気に入りのピッチャーに2〜3分でささっとアレンジ。
こんな風に少しのお花を飾るだけで、部屋の中がお月見の雰囲気になりました。

11月からのレッスンでは、こんな暮らしに役立つカンタンなお花飾りレッスンも行っていきたいな〜と考えています。

薄/ススキ、藤袴/フジバカマ、吾亦紅/ワレモコウ、ピンポンマム(セイオペラ)、カラー、鶏頭/ケイトウ、木苺/キイチゴ *ススキとフジバカマは秋の七草です。


……………………………………………………………………………………


【中秋の名月】

旧暦8月15日(今年は9月13日)の月のこと。

毎月訪れる十五夜のなかでも中秋の名月は月がとても美しく、お月見をするのに最も適している日。
中秋の名月のことを一般的に「十五夜」と呼びます。

十五夜の風習は、中国で唐の時代から行われ、日本に伝わり、平安時代には美しい月を愛でるという文化として広まっていきました。

その後、月の満ち欠けなどを見て農耕を行っていた農民たちによって収穫への感謝と豊作を祈るお祭りとして広まり、お団子などのお供えをする今のお月見の形が作らました。

ススキは神様をお招きする「依り代(よりしろ)」として飾られます。また、魔除けの効果があるとも信じられ、お月見の後、お供えしていたススキを軒先につるすことによって、一年間、健康に過ごせるという言い伝えもあります。



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2019年9月10日(火) 一日も早い復旧をお祈りしています
先日の台風により被災された皆様へ
心よりお見舞い申し上げます。

みなさん、大丈夫でしたか?
翌日の大混乱だった交通の影響を受けたかたもいらっしゃるかと思います。
私はその日、たまたま電車で出掛ける用のない日だったので
何事もなく過ごすことができました。



6月にヒマワリ栽培の見学で訪れた折原園芸さんなど
千葉県の栽培農家さんではビニールハウスの倒壊など甚大な被害に遭われたところも多く、花の出荷ができない農家さんもいらっしゃるようです。

心を込めて大切に育ててきたこれまでの時間や労力、花のことを思うと胸が痛みます。

*写真は折原園芸さんを訪れたときに写したローズゼラニウムのビニールハウスです。ヒマワリ以外にもさまざまなグリーンやお花を栽培していました。このハウスは大丈夫だったのかな?と気になります。

一日も早い復旧をお祈りしています。



こんなとき、いつも思うんですよね〜
江戸時代の飛脚は時代を得て今ではインターネットに。
なのに"傘"は、形も機能もほとんど変化していない。
これがいつも不思議で。

通信のすさまじい進歩に比べて、気象関係はなぜ?
誰か台風の進路をもっと正確にキャッチして
防ぐことができるものを作ってくれないかな。。
もちろん、世界のどこかで、誰かが、
研究しているのだろうとは思うのですが。。
今回のようなことがあると、あらためてそう思うのでした。



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2019年9月2日(月) 8月・オリエンタルスタイルの花瓶活け 3.
「私ってセンスがないから〜」と
いつもご自分に自虐的な突っ込みをいれながら
レッスンを受けていたAさん。

何ヶ月か前のレッスンで
「その口癖、やめたほうがいいですよ〜」とアドバイス。

そうしたら!
これまで以上に力を発揮されるようになりました。
それまで彼女の奥で眠っていた
個性やセンスが目を覚ました、そんな感じ。

最近は「楽しい〜」とお花をアレンジされています。


言葉って本当に大切です。

特に自分に掛ける言葉。
大切にして欲しいなって思います。


うまくいったときは
楽しかった!綺麗にできた!すごいよ、私!
と、どんどん褒めて

思うようにいかなかったときは
がんばったな、私。
こんなときもあるよね。
ここのところ、次回気をつけよう〜
とねぎらいの言葉を掛けてあげてくださいね。


自分を大切にした言葉掛け、
ぜひ意識してみてください(╹◡╹)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2019年9月1日(日) 8月・オリエンタルスタイルの花瓶活け 2.
レッスンでは、みなさんが本来持っている
力やセンスを引き出していきたいな、と
いつも思っていて

私の中で、その人の個性やクセ、
思考のクセなどもつかんで
(↑実はこれ、すごく大事なこと。
このことについては次回書きますね)
その人に合った声掛けやアドバイスをしています。


なので、
初めてレッスンさせていただいたときに
その人のクセや考え方をつかんで
2回目、3回目・・でさらにつかんでいきながら
その人ならではの力やセンスを引き出すようにしています。


それで!
8月のフラワーレッスンでは私の想像以上に
みんなが持っている力を発揮して!

私はレッスンの始めに
今回作るアレンジの特徴と作り方を説明して
途中、「こうしたらさらに綺麗ですよ〜」
と少しお伝えしただけで

あとはご自分でどんどん考えて
どんどんお花やグリーンを挿していって
私はほとんど見守るだけ、でした。


みんなの上達を感じて
うれしさいっぱいの8月でした(╹◡╹)♡



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish





2019年8月31日(土) 8月・オリエンタルスタイルの花瓶活け 1.
8月のフラワーレッスンは
〜南国の花と葉をモダンに活ける〜
オリエンタルスタイルの花瓶活け
でした。

いつもそうですが、
今月のレッスンは特に
みなさんが持っている力や個性をのびのびと発揮して
すごく感動しました!

少しずつアップしていきますね(╹◡╹)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10