blog

最新のblog
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2019年7月25日(木) 今年のヒマワリ
レッスン後のティータイム


ヒマワリのレッスン、
毎年どのヒマワリを使おうかとすごく悩みます。

今年は一種類に絞ろうと決めていたのに
花市場に行くとやっぱりステキなヒマワリが沢山あって
結局、3種類使うことに。

それでも3つに絞るのにかなり悩みましたよ。
うれしい悩みです。

先週のレッスンで使ったのは
サンリッチオレンジ
ソーラーパワー
ゴッホのヒマワリ

それぞれに個性豊かなヒマワリです(╹◡╹)

今週も3種類使いますよ。
品種は変わると思います。
どんなヒマワリになるのか、お楽しみに!



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2019年7月20日(土) ドイツ風クランツアレンジ
ドイツ風クランツアレンジ、
どんなアレンジを作るのか
みなさん想像がつかなかったみたいですが…
色合いもデザインも好評です(╹◡╹)

ヒマワリといえば
元気いっぱい明るいイメージですが
そんなヒマワリを
シックにニュアンスのある雰囲気にしたくて
今回の色合せとデザインを考えました。

この雰囲気をわかっていただけて
とってもうれしい☆


*仕入れの都合により、
レッスン日によって写真とは花材が異なります。


……………………………………………………

7月28日(日)10:30
残席1名様にてご予約いただけます。
ご希望のかたはぜひ!

https://flourishj.com/blog/entry-b1977.html



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




""
2019年7月15日(月) ドライフラワーのカーテン
自宅、階段の窓は
ドライフラワーのカーテンになっています(╹◡╹)

花瓶に飾っていた花やグリーンが萎れ始めてくると
この窓に吊るしてドライフラワーにしています。

いろいろ吊るしてみていたら
水仙やチューリップも
ドライフラワーになることがわかりました。
水仙は小さく小さく縮まりましたが
花の形はそのまま。
→Instagram【flourish.flower.yf】に
アップしているのでぜひチェックしてみてくださいね☆

ずっと吊り下げていたバラが
最近になって甘い香りを漂わせています。

ここは私にとってドライフラワーのラボ(研究所)。
ここで実体験して学んだことをレッスンでお伝えしています。


POINT/
直射日光の当たらない
風通しのよい場所に吊り下げる、
それだけでOK☆

ドライになると茎がやせて階段に落ちるときがある
→ 夫に何か落ちてるけどなんだろうといわれ
→ さあなんだろうと答え
結わえ直してまた吊り下げるヾ(๑╹◡╹)ノ"



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




"
2019年7月10日(水) ヒマワリの栽培農家さんを訪ねてきました
先月のことですが、
ヒマワリやハーブなどを栽培している
千葉県南房総市の折原園芸さんで
栽培から出荷までのようすを見学、
ヒマワリは採花も体験させていただきました。

今月のレッスンで使うヒマワリ。
沢山の品種がある中で
どれにしようか迷っていましたが、
お話しを伺って決まりましたよ。

いろいろ見たり聞いたりしてきたことも
お伝えしますので、お楽しみに。


yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




2019年7月5日(金) よりドイツらしい作品に☆
★今月のヒマワリを使った
ドイツ風アレンジのレッスンは
【残席1名様】にて締め切らせていただきます。

スケジュール・詳細はこちらにて↓
https://flourishj.com/blog/entry-b1977.html



今、このレッスンの準備を進めていて
そのひとつに器(バスケット)があるのですが、

なんと!

予定していたバスケットが
再入荷できないということで
人数分揃わないことに!
*実はよくあることなんです。。。


ほかの店もみてまわったのですが
テーマの"ドイツスタイル"に合うもの、
ステキだなと思うもの(納得のいくもの)が
なかなかなくて・・・


そうしたら、
バスケットではないのですが
いかにもドイツらしいものをみつけました!

それが、この木製のリースとトレイ。


というわけで
ドイツ風バスケットアレンジ は
ドイツ風クランツアレンジ に変更します!

バスケットをご希望だったかたがいらしたら
ごめんなさい☆


そのかわりといってはなんですが、
バスケットより、よりドイツらしく
おもしろい作品に仕上がると思います。

なぜ、よりドイツらしいか、
そして"クランツ"についても
レッスンで詳しくお伝えしますね。


ちなみに、このリースとトレイは
クリスマスのアレンジにも使おうと思います。
・・夏もまだこれからなのに!って感じですが☆

それまでのお部屋での飾り方、使い方なども
お伝えしますね。


お楽しみに〜(╹◡╹)



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish



2019年7月3日(水) ギガンチウムのシンプルアレンジ
6月のレッスン見本で使った
ギガンチウムとグリーンがまだ元気なので
形を変えて生け直して楽しんでいます。

ガラスの花瓶には
お水をかえるとき便利なように
花束に組んで挿しています。

白いピッチャーには中にグラスを入れて
オクラレウカとフトイを投げ入れに。
水をかえるたびに形を変えてみています。


flourishにいらしてくださるみなさん、
本当にお花が好きで
レッスンのお花も
時間が経って萎れた花は取りのぞいて
形を変えながら
長く大切に楽しんでくださっているようで
とってもうれしいです。


少なくなったお花の飾りかた
よかったら参考にしてくださいね☆



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish



2019年6月30日(日) 和モダンスタイルの花束 2.
この日のお二人は前回のお二人と違って
スイスイと花を束ねていきました。

ご本人たちは"そんな余裕はありません〜"との
ことでしたが、手つきはとても軽やかでしたよ。

同じレッスンでも人それぞれですね。


"難しい〜"って感じて
すぐにうまくいかないときがあっても
それは、けっして悪いことでもないんですよ。

私もかつて生徒だったとき、そうでした。
なかなかうまくできなくて
悩んだり落ち込んだりしたときもありましたが
回数を重ねていくうちに
楽しくできるようになりました。

難しく感じたり、うまくできなかったときは
"こんなときもあるね〜"って思うといいですよ。

軽やかに楽しくできたときは
"あ〜、楽しかった〜♡"って浸りましょう(╹◡╹)v



yoshimi furuya



     暮らしの花をセンスアップ*flourish




1 2 3 4 5 6 7 8 9 10